会議室の有効な利用法 ~アクセス編~

<貸し会議室のアクセス>

貸し会議室をレンタルする場合、会議室の利用目的にかかわらず、アクセス面を無視して会場を選定されることはありません。セミナーや展示会であれば、集客面や参加者、来場者の快適さ、会議であれば社員や関係者の方々の集まりやすさ、その前後の業務との兼ね合いなど、会の成果にも大きくかかわってきます。一口に、好アクセスと言っても、会の内容や条件によって注意しておきたいポイントがいくつかあります。今回は、アクセスという観点から貸し会議室の選び方を紹介したいと思います。

 

POINT1 ターミナル駅近くの会場

一般的に都市部での開催の場合、想定される移動手段としては電車です。従って、まずどの駅周辺の貸し会議室を探すかというところから会場選定に入られることが多いかと思います。新幹線の停車するターミナル駅やビジネス、商業の中心となっている駅周辺など、乗り換え回数の少なく、さらに駅からの距離が近い会議室が好まれます。

このような、いわゆる「一等地」の貸し会議室は料金的に割高なケースもありますが、言うまでもなくセミナー等で参加者を募集する際には魅力的です。また、ビジネス、商業の中心地であるため宿泊施設や飲食店なども充実していることが多く、そういった点でも無難であるといえます。
注意点としては、駅からの距離が「徒歩5分」と表記されていても、ターミナル駅の場合は駅構内が広く、また複雑なため、来場者が迷われたり、予想以上に時間がかかってしまったりするケースがあります。また、「駅の表側」、「裏口」というように、駅からの方面によって全く違った印象となるケースもあります。もし、土地勘がなく事前の下見が困難な場合は、土地勘のある方に場所のイメージを確認しておくと後々のイメージの食い違いが避けられるかもしれません。

POINT2 会社説明会、試験会場として利用する場合

新卒の会社説明会会場として貸し会議室を探される場合、ターミナル駅近くも人気ですが、ターゲットの大学近くの貸し会議室、学生が多く利用する路線沿線の会場をより好まれる傾向にあります。
また、大学入試の地方サテライト会場や資格試験の会場として貸し会議室の利用をされるケースも増えていますが、その際にも大手予備校が近くに多くある、などの受験生にとってなじみある場所を選ばれるケースが増えてきています。また、積雪や台風など天候による順延を極力避けたいところかと思います。徒歩圏内に宿泊施設があり、比較的、運休や遅延の生じにくい地下鉄の駅周辺や複数のアクセス経路があればより安心できるのではないかと思います。

POINT3 空港からのアクセスや車でのアクセスを重視する場合

日本全国から来場者を募る場合や、海外の方を招く場合など、空港からのアクセスを重視したほうが良いケースもあります。
車での来場者が一定数いる場合は、駐車場の有無、近隣の有料駐車場の料金や混雑状況を前もって調べておくと便利です。

 

<まとめ>

以上のポイントを踏まえていただければ、土地勘のない地域や初めて開催する会議、セミナー、展示会などの会場探しの際に目安としていただけるのではないかと思います。
ちなみにimy貸し会議室は名古屋市東区にあり、千種駅(JR中央線、名古屋市営地下鉄東山線)、車道駅(名古屋市営地下鉄車道駅)からそれぞれ徒歩2分の場所に立地します。名古屋駅から3つの経路いずれも乗り換えなしで約10分、商業の中心地である栄駅からは約5分(地下鉄東山線)です。
地下鉄東山線はビジネス利用が多いことに加え、名古屋大学など沿線に大学も多くあります。
ビル隣にはホテル(メルパルクNAGOYA)があり、ビジネス街なのでコンビニや飲食店が充実しております。

最適なアクセスは、上に記した通り用途や状況によって変わりますが、名古屋市内の貸し会議室という面ではセミナー、会議、研修、展示会などいずれの用途においてもimy貸し会議室は便利でわかりやすい場所にございます。

2015年 11月 26日 5:00 pm
Tags: , , ,

Categorised in:

This post was written by imy