人数別会議室のご提案

<人数に応じたIMY貸し会議室の会場のご案内>

●30名以下の場合

スクール形式での少人数の会議、セミナーをご希望の場合は、IMY貸し会議室には30名規模以下の会場として5つの小会議室があります(5階第2会議室、5階第1会議室、6階第1会議室、4階小会議室、9階会議室)。
単独で会議やセミナーの会場として利用の際は、会場の定員と照らし合わせて会議室を選んでいただくのが良いかと思います。
9階会議室は、面積としては5階第1会議室や6階第1会議室より一回り広い会場ですが、天井高が他のフロアよりも高いためかなり開放感があります(8階以下が2.6m、9階が3.5m)。従って、小規模なセミナーや採用面接の会場として人気の高い会場です。
また、セミナー会場や試験会場の控室、採用試験の面接会場として小会議室の使用を希望される際は、会場の規模ももちろんですが本会場と同フロアに会場をレンタルいただくと大変便利です。
30名程度の会議や研修でも、レイアウトがアイランド形式の場合、スクール形式やロの字の形式でも2名掛けで使用される場合は中会議室(3階会議室、6階第2会議室)がお薦めです。
机のスペースを広く確保しながらワークショップを実施される場合、T字の島の形でレイアウトをするケースが多くあります。講師の方の通路を確保しつつ、集中したワークショップを実施するのに無理の無いスペースを確保するには30名規模でしたら100㎡程は確保したいところです。
10名~20名様程度であれば5階第2会議室や4階小会議室でも同様のワークショップの場所が確保できます。

●40名~60名程度の場合

スクール形式の場合は中会議室(定員3名掛け66名様、2名掛け44名様)が最も適しているかと思います。
この程度の規模の会議屋セミナーの場合、備品としてマイクを使用されるケースが多く、またホワイトボードやスクリーンも大きなサイズのものを、プロジェクターなどの映像機器についても照度が高めのものを利用されるケースが増えます。特にプロジェクターやスクリーンについては備品貸出料金も意外と高額になるケースもあります。備品の金額も想定したうえで、会場を検討されると良いと思います。
ロの字、アイランド形式、スクール形式2名掛けの場合は、大会議室(5階第3会議室、6階第3会議室)がちょうど良いサイズでございます。いずれも面積は約190㎡です。

●70名~100名程度の場合

スクール形式では大会議室(4階大会議室、8階大会議室、6階第3会議室、5階第3会議室)規模の会場となります。
74名様以下の場合は定員111名様の5階第3会議室や6階第3会議室で2名様掛けのレイアウトを汲むこともできますし、3名様掛けで前後の感覚をゆったりととることも可能です。100名前後の場合は、8階大会議室もお薦めです。2名様掛けでも94名様までレイアウトが可能で、会議室内に控室が付いていること、8階のフロアは8階大会議室1会場で、受付や休憩の際などゆったりとご使用いただけること、さらに屋外にバルコニーがありとても開放的な空間であること、などとてもコストパフォーマンスに優れた会議室でございます。
ロの字形式では72名様まで(8階大会議室・3名様掛け)、アイランド形式では102名様まで(8階大会議室)対応が可能です。

●120名~180名程度まで

この人数の規模の場合は基本的にはスクール形式3名様掛け、イスのみのシアター形式のいずれかでのレイアウトがほとんどです。(収容可能であれば、特殊な形式のレイアウトももちろん対応しております)。
4階大会議室の収容人数は171名様ですが、若干の余裕はありますので、参加人数が微妙な場合はご相談ください。(必ず、事前の相談をお願い致します)。
4階大会議室のメリットは、IMY貸し会議室最大の定員数(171名様)と、隣に小会議室があることで控室を同じフロアで利用できることです。
4階大会議室と8階大会議室は会場の面積も広いため、会場の後方の方にもしっかりと音声が届くようにスピーカーを2台設置してあります。また、スクリーンを2面設置し、プロジェクターの映像を見づらい方がいらっしゃらないような工夫を提案しております。
 
以上のように、少人数から大人数まで様々な規模、場面において、IMY貸し会議室は対応可能でございます。
 
このコンテンツは株式会社アイエムワイが書いています。

2016年 3月 24日 10:31 am

Categorised in:

This post was written by imy